泌尿器科このページを印刷する - 泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科は尿路(腎臓、尿管、膀胱など)、男性生殖器(精巣、前立腺、陰嚢、陰茎など)、後腹膜臓器(副腎など)の疾患を扱う診療科です。

当院では、下部尿路症状(尿が出にくい、近い、漏れる、などの症状)や、女性の骨盤臓器脱(膀胱や子宮が腟から下がってくる状態) 、間質性膀胱炎などに対する専門的診療も行っており、2019年1月より女性泌尿器科外来を開設しました。尿もれ、骨盤臓器脱の症状がある女性や、間質性膀胱炎が疑われる女性のための外来で、女性医師・女性スタッフが対応します。詳しくは専門外来の紹介をご覧ください。

担当医師

鈴木 正彦

和久 夏衣(女性医師)

宮崎 淳(非常勤)

小島 崇宏(非常勤)

鈴木 秀平(非常勤)

山口 茜(非常勤・女性医師)

外来担当表

診療内容

主に扱う臓器

副腎、腎臓、尿管、膀胱、前立腺、尿道、陰茎、陰嚢、精巣(睾丸)など

主な病気

副腎腫瘍、腎がん、水腎症、腎不全、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、前立腺肥大症、精巣腫瘍、尿路結石(腎結石・尿管結石・膀胱結石)、過活動膀胱、膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎、精巣上体炎、ED(勃起不全)など

主な症状

血尿、頻尿、残尿感、排尿困難、尿失禁、側腹部痛、下腹部痛、排尿痛、発熱、陰嚢の腫大や疼痛、陰茎腫瘍や奇形、勃起不全など おしっこの症状などでお悩みでしたら、また健診で尿潜血陽性、PSA高値などを指摘された際も、お気軽にご相談下さい

当院で可能な検査

エコー、CT、MRI、核医学検査、膀胱鏡、前立腺腫瘍マーカー(PSA)、レントゲン検査など 前立腺生検等も可能です(入院での検査になります)