女性泌尿器外来このページを印刷する - 女性泌尿器外来

女性泌尿器外来とは

尿もれ、骨盤臓器脱(膀胱や子宮などが下がる)などの症状がある女性のための専門外来です。

女性泌尿器科外来の対象疾患

1.尿失禁(尿もれ)
  せき、くしゃみ、お腹に力を入れたときなどに尿がもれる腹圧性尿失禁、急に
  トイレに行きたくなり、がまんできず尿がもれる切迫性尿失禁などがあります。
  40歳以上の女性の約3分の1は尿失禁を経験しているといわれており、女性に
  とって非常に身近な問題です。生活指導、骨盤底筋訓練、薬、手術など様々な
  治療法がありますので、一人一人の状態に合わせて治療法をご提案します。

2.骨盤臓器脱
  加齢、妊娠、出産などの影響により、膀胱や子宮などが下がる状態のことです。
  軽い違和感、下垂感から始まり、進行してくると腟の外にピンポン玉のような
  ものが出てきて、違和感が強くなります。出血や痛みがあったり、尿が出にくく
  なったりすることもあります。ペッサリー、手術などの治療について、ご本人の
  希望もうかがいながら相談します。

3.間質性膀胱炎
  排尿するときに痛みがある普通の膀胱炎とは異なり、尿がたまった時に下腹部
  が痛くなるのが典型的な症状ですが、それ以外の痛みを感じたり、痛みが
  なかったりすることもあります。膀胱に尿をためることが難しく、頻尿となる
  方が多いです。尿検査や画像検査をしても異常が見つからないため診断が難しく、
  長期間にわたり原因がわからないまま過ごされている方もいます。
  診断から治療まで対応いたします。

担当医

女性医師が外来診療を担当します。
和久 夏衣
山口 茜

診察日時

火曜日午前
※手術のため、休診になることがあります。

予約およびお問い合わせ先

029-826-6471(診療予約センター) 平日12:30~16:00
メール:201-tiikiiryou@mail.hosp.go.jp
※メールでのお問合わせは、数日かかることもございます。