外科このページを印刷する - 外科

外科

霞ヶ浦医療センター外科の常勤医および非常勤医はそれぞれが専門分野を持ち、結束は固く、他職種の職員と共に最善のチーム医療を提供しています。広い領域の疾患に対してきめ細かい診療を展開しており、外科治療の根幹である手術に対しては常に真摯に向き合い、よりよい手術ができるよう日々研鑽を積んでいます。

担当医師

福永 潔

 資格

  外科専門医・指導医
  消化器外科専門医・指導医
  肝臓専門医
  日本移植学会移植認定医
  医学博士

 専門分野

  消化器外科、肝臓外科、移植医療
 

岡﨑 雅也

 資格

  外科専門医
  消化器外科専門医
  消化器内視鏡専門医

 専門分野

  消化器外科、一般外科
 

森 貴昭

 専門分野

  一般外科
 

田地 佳那

 資格

  外科専門医
  日本乳癌学会 乳腺認定医
  日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医師
  日本乳がん検診精度管理中央機構 乳がん検診超音波検査実施・判定医師

 専門分野

  乳腺疾患、甲状腺疾患
 

八代 亨

 資格

  外科専門医・指導医
  乳腺専門医
  日本甲状腺外科学会専門医
  日本内分泌外科学会専門医

 専門分野

  内分泌外科
 

影山 隆久

 資格

  外科学会専門医
  消化器外科専門医・指導医
  消化器病専門医
  日本消化器検診学会(胃)指導医
  日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
  日本がん治療認定医機構暫定教育医
  死体解剖資格
  診療情報管理士

 専門分野

  消化器外科、大腸肛門外科
 

矢野 和仁

 資格

  日本外科学会認定医
  消化器内視鏡専門医
  日本癌治療認定医
  日本抗加齢医学専門医

 専門分野

  食道外科、内視鏡外科
 

都島 由希子

 専門分野

  乳腺外科
 

澤 文

 専門分野

  乳腺外科

藤原 彩織

 専門分野

  乳腺外科
 

佐藤 瑠子

 専門分野

  乳腺外科
 

河村 千登星

 専門分野

  乳腺外科
 


佐伯 祐典

 専門分野

  呼吸器外科
 

坂本 裕昭

 専門分野

  心臓血管外科

 

外来担当表

診療内容

  1. 胃切除、大腸切除、腹部ヘルニア手術
    日本人に多い胃癌、大腸癌の手術は膜の手術と呼ばれ、おなかの中で幾重にも折りたたまれた膜に収納されている胃腸の解剖をよく理解することが安全な手術のために必要です。当院外科ではこの膜の解剖を熟知し、正確な手術を行うことを心がけています。また、腹部ヘルニア手術は簡単な手術と言われますが、膜の手術という観点から見ると、胃腸の手術よりも難しいかもしれません。当院ではヘルニア外来を開設しておりますので、詳細は下記をご覧下さい。手術方法には大きく開腹手術と腹腔鏡下手術がありますが、それぞれ利点と欠点があります。どちらの方法で行うかは病状や患者さんの希望で決めています。

  2. 肝切除
    1. 大腸癌肝転移
      肝臓は大腸癌が転移しやすい臓器です。大腸癌が発見された時、約1割の方には同時に肝転移が見つかります。また、大腸癌を切除した後、5年間で約7%の方に肝転移が出現します。大腸癌の肝転移に対しては全身化学療法が行われることが多いのですが、  肝転移が少数の場合、肝切除によって予後が良くなることがあります。いつ、どのような病状の時に肝切除を行うかについては専門的な判断が必要です。

    2. 肝細胞癌
      慢性肝炎や肝硬変の方に発生しやすい癌です。治療方法として肝切除を始めとして  ラジオ波焼灼療法、肝動脈化学塞栓療法、化学療法などがあります。どの治療方法  が適切かは癌の数・大きさ・位置と肝機能によって違ってきますので、精密検査と患者さんのご希望によって治療方法を決めていきます。陽子線治療が適応となることもあります。先進医療であるため自己負担がありますが、ご希望の場合は陽子線治療を行っている筑波大学附属病院へご紹介致します。肝細胞癌の手術の詳細については下記のYouTube動画をご覧下さい。
      https://www.youtube.com/watch?v=Ye1Iiu74Hes

    3. 胆嚢癌、肝門部胆管癌、肝内胆管癌
      これらは肝臓で作られる胆汁という消化液を運ぶ胆管から発生した癌です。肝臓を養っている重要な血管が走っている場所にできる癌ですので、その診断、手術には細心の注意が必要です。

    4. 多発性肝嚢胞  先天的な疾患です。症状がないことがほとんどですが、お腹が張る、食事ができないなどの症状が出ることもあります。嚢胞内容穿刺吸引、硬化療法、嚢胞開窓術、肝切除などの治療がありますが、どの治療をいつ行うのかについては定まった意見  はありません。当院には治療経験が豊富な医師が在籍していますので、ご相談下さい。診療ガイドラインは下記リンクをご覧下さい。
      http://www.md.tsukuba.ac.jp/clinical-med/ge-surg/image/kannouhou.pdf

  3. 乳腺疾患
    乳腺の病気には、女性で最も罹患率の多い悪性腫瘍である乳癌の他、赤みや痛みを伴う乳腺炎、嚢胞や線維腺腫といった良性病変が存在します。当院乳腺内分泌外来では、腫瘤や皮膚の赤み・引き連れといった症状のある方及び乳癌検診要精査となった方を対象に精査外来を行っております。乳がん検診外来とも連携し、当院で検査歴のある方については比較読影を行うことでより正確な診断に努めてまいります。手術や薬物療法などの治療は当院で行う他、筑波大学附属病院と連携し患者さんにとって最善の方針を提案いたします。
    1. 乳癌
      乳癌は50歳前後をピークに好発する悪性腫瘍ですが、30歳代から発症が見られるようになり、高齢者においても罹患率はやや低下するもののみとめられる疾患です。特徴的な症状には大豆のように触れる腫瘤や皮膚のえくぼのような引き連れといったことがありますが、近年の乳癌検診の広まりに伴い、非触知乳癌が診断されるようになってまいりました。乳癌の画像診断としてはマンモグラフィ及び乳房超音波検査が必要です。組織診断の結果乳癌の診断がついた際には、さらに乳房MRI検査を用いて乳房部分切除または乳房全切除(ご希望があれば形成外科と連携し乳房再建)の術式適応について検討して参ります。乳癌手術と同時に乳房再建をご希望される場合、術前化学療法を要するケースにおいては、筑波大学附属病院へご紹介差し上げる方針としております。悪性度の高い乳癌や進行しているケースの場合にはしばしば手術よりも薬物治療が優先され、またその薬物の組み合わせも様々です。患者さんにご自身の病気についてよく知っていただき、より良い治療選択を行えるように共に考えていく診療を心がけています。。

    2. 乳腺症、乳腺炎、嚢胞や線維腺腫などの良性病変
      良性の病変であっても、自覚症状としてしこりを触れることがあります。しこりを自覚される際は触診所見のみで良悪性の鑑別は難しいため、ぜひ当外来にご相談いただきたいと思います。画像検査及び必要時には針生検などの組織診断で判断を行なってまいります。陥没乳頭が生まれつき認められる方は、そうでない方と比較し乳輪下膿瘍という細菌感染を起こすリスクが高いです。一般的な症状として乳房の発赤や熱感、強い疼痛を生じます。この場合には切開排膿を行なったり抗生剤治療を行いますが、一度発症した後は治癒までに時間がかかることが多く、根気強い治療が必要です。 一方女性全体の約3分の1は生涯のうちに乳房痛を自覚すると言われており、乳房痛と乳癌の関連は明らかではありません。これらを全て保険診療外来で対応いたしますと、治療を要する患者さんの対応に遅れを生じかねないことから、乳房痛のみの症状の際には、当院乳がん検診外来受診にご協力下さい(どちらを受診するべきか迷われる際には、予約取得時にご相談ください)。
  4. 甲状腺・副甲状腺疾患
    頚部には体の新陳代謝を司るホルモンを分泌する甲状腺及び血中カルシウム濃度を調節する副甲状腺が存在します。これらの臓器に内科的治療抵抗性の機能異常を伴う病変が生じた場合や腫瘍が認められた場合、手術適応となることがあります(当院又は筑波大学附属病院での手術を検討します)。手術を要する副腎疾患については筑波大学附属病院へご紹介する方針としています。

専門外来について

ヘルニア専門外来

【開設日】
月曜午後(おかげさまでたくさんの患者さんに受診頂いておりますので、2015年10月より外来日が変更となりました)
【担当者】
岡崎 雅也

2012年1月から開設しています。対象はそけいヘルニア、大腿ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニアなど腹部のヘルニアです。

ヘルニアとは・・・
最も多くみられるそけいヘルニアは足の付け根(そけい部)がふくらむ病気で、腸が出ていることが多いことから脱腸と呼ばれます。

原因は?
そけいヘルニアは乳幼児から高齢者まで起こりうる病気です。乳幼児は先天性(うまれつき)がほとんどですが、成人の場合は足の付け根の組織(筋肉など)が弱くなることが原因です。とくに中年以上の男性で、立ち仕事や重いものを持つ機会の多い人が多いと言われています。

治療法は?
自然に治ることはなく、手術が唯一“治せる”治療法です。放置すると嵌頓(かんとん:飛び出した部分が元に戻らなくなること)し、腸が壊死してしまうことがあり、その場合は緊急手術が必要になります。

手術法
そけい部の皮膚を約4cm切開し、出ている腸(腹膜)をおなかに戻し、メッシュ素材の人工物で筋肉の弱い部分を補強します。手術方法はいくつかありますが、当院ではダイレクトクーゲル法および腹腔鏡下手術を主に行っています。

麻酔方法
全身麻酔で行うことが多い手術ですが、全身麻酔には一定の危険が伴います。当院では、全身麻酔のリスクが高いと判断した場合には膨潤局所麻酔という方法を用います。この麻酔法は注射でそけい部に麻酔薬を注入する局所麻酔です。そのため肺や心臓に与える影響はほとんどなく、手術後、手術室から歩いて部屋に戻ることができ、日帰り手術も可能です。高齢者や心臓疾患、呼吸器疾患など合併症のある方も安心して手術を受けて頂くことができます。また、仕事の都合上入院は難しいという方にも喜ばれています。ヘルニアで困っている方は気軽に受診して下さい。