小児科このページを印刷する - 小児科

小児科

霞ヶ浦医療センター小児科は、平成31年3月から山口医師の一名体制で、午前8:30~11:00と、午後4:15~5:00に予約無しで受診可能な一般外来を行っています。一般小児の入院も行っています。患者さん向けのミニコミ新聞「どんぐり通信」は、毎月一回の更新で、外来でお配りしています。

担当医師

山口 真也

 資格

  日本小児科学会専門医
  Master of Tropical Paediatrics

 専門分野

  小児科一般、小児アレルギー疾患、国際保健、麻疹ウイルス疫学
 

田口 暢彦

 資格

  日本小児科学会専門医
  日本体育協会公認スポーツドクター

 専門分野

  循環器、小児科一般
 

七尾 謙治

 資格

  日本小児科学会専門医
  日本内分泌学会内分泌代謝科(小児科)専門医

 専門分野

  小児内分泌


 

外来担当表

診療内容

一般外来

午前8:30~11:00と、午後4:15~5:00に予約無しで受診可能な一般外来を行っています。通常の受診はこの時間帯にお越し下さい。なお、皮膚科や耳鼻科など他科の併診も必要そうなお子さんは、午前中の外来受診をお願いいたします。
 

成育外来

毎週火曜の午後に行っています。喘息、てんかん等の体質を持っている、あるいは、低出生体重児であった等、継続した診療が必要と思われるお子さんのための予約外来です。予約センター(TEL.029-826-6471)に電話をして予約を入れてからお越し下さい。
 

乳児健診、予防接種

月曜日と水曜日と金曜日の午後1:00~3:00(毎月第2金曜日は除く)に行っております。(完全予約制・月曜日は予防接種のみ)。予約センター(TEL:029-826-6471)にて予約の上、ご来院ください。また混雑緩和のため、予防接種のみの方は、できるだけ月曜の予約外来をご利用ください。
 

小児内分泌代謝外来

毎月第2金曜の午後に行っています。次のような心配のあるお子さんの相談にのっておりますので、外来窓口まで電話でお気軽にご連絡下さい。
  1. 小児糖尿病、学校検尿で尿糖の陽性を指摘された
  2. 身長が低い、高い、O脚、X脚が強い、四肢のバランスが悪い
  3. ターナー女性と言われている
  4. 思春期兆候が早い、遅い、男子なのに胸がでている
  5. ペニスが小さい、停留精巣がある
  6. 甲状腺の病気?(首の前が腫れている)
  7. 新生児マススクリーニングで陽性といわれた
  8. 低血糖と言われたことがある
  9. 夜尿(おねしょ)が治らない  など


小児循環器外来

慶応大学病院小児科医局より小児循環器専門医が月に2回(第1、第3木曜)診療を行っています。学校の心臓検診でひっかかったお子さん、かつて川崎病にかかったことのあるお子さん、生まれつき心臓に異常があるお子さんなどのフォローを行います。
 

食物アレルギー外来

毎月第2、第4木曜の午後に行っています。食物アレルギーのお子さんの診断と治療を行う外来です。血液検査・皮膚プリックテスト・食物負荷試験・食品除去の栄養指導などを行います。

土日祝祭日及び夜間の診療体制について

平日夜7時までの時間帯は小児科医が院内に待機しておりますので、お電話をかけてからお越し下さい。それ以外の時間帯は小児科医が不在となっておりますので、ご了承お願いいたします。また終了ぎりぎりの時間に来院されるのは、やむを得ない場合を除き、できるだけお避けください。
なお、原則として毎月第2、第3、第4土日は、筑波大学小児科からの代診医師になります。