整形外科臨床研修プログラムこのページを印刷する - 整形外科臨床研修プログラム

整形外科

整形外科とは

整形外科は、上肢、下肢、脊椎と広範囲の疾患の治療を行っています。治療対象臓器は
骨、関節、筋、腱、末梢神経、脊髄などで、対象疾患は外傷(骨折・脱臼・靭帯損傷)、
腱鞘炎、関節炎・関節症(変形性関節症、リウマチ、痛風など)、スポーツ外傷・障害、
末梢神経損傷・障害、脊椎・脊髄疾患、骨粗鬆症、感染症、腫瘍、先天異常など多岐に
わたります。治療疾患が広範囲に及ぶため、各専門分野ごとにそれぞれ専門的な治療が
あります。
治療法として、保存療法(手術を行わない治療)と手術療法があります。保存療法とし
ては、薬物療法、注射・ブロック療法、骨折に対する徒手整復・外固定、装具療法など
があります。保存療法が無効な症例に対して手術療法を行います。手術療法として、従
来の方法に加え、近年、関節鏡を用いた鏡視下手術が普及し、当科でも積極的に行って
います。
高齢化が進む昨今、高齢化に伴う変性
疾患・骨粗鬆症関連骨折などが増加
し、社会的ニーズが高まっているホッ
トな診療科です。
 
 鏡視下腱板縫合手術      人工膝関節置換術
 

常勤医


 
 
指導医代表 西浦 康正
出身大学 慶応義塾大学
専門分野 手・肘・末梢神経
座右の銘 過ぎたるは及ばざるがごとし・勝ちに不思議の勝ち あり、負けに不思議の負けなし
趣味 ゴルフ、プロ野球観戦、旅行
 
 
 
指導医 青戸 克哉
出身大学 筑波大学
専門分野 膝・スポーツ
座右の銘 気持ちには引力がある
趣味 サッカー(水戸ホーリーホックチームドクター)
 
 

 
 
指導医 牧原 武史
出身大学 筑波大学
専門分野
座右の銘 不言実行
趣味 自転車通勤
 
 

 
 
出身大学 筑波大学
専門分野 股関節
座右の銘 座右の銘念ずれば花開く
趣味 趣味家庭菜園
 
 


 
   
出身大学 福島県立医科大学
研修医 整形外科一般
 
 

非常勤医

 
出身大学 高知大学 筑波大学 筑波大学
専門分野 足・スポーツ 脊椎 脊椎
 

週間スケジュール

  午前 午後
吉沢知宏(股関節)
牧原武史(肩)
 
西浦康正(手・肘・末梢神経)
青戸克哉(膝)
青戸克哉(スポーツ整形)
吉沢知宏(股関節)
田中健太(足)
俣木健太郎(脊椎)
 
堤 亮介 (一般)
青戸克哉(膝)
三浦紘世(脊椎)
 
西浦康正(手・肘・末梢神経)
牧原武史(肩)
 
研修医の方へのメッセージ

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら